御殿場、小山にお住まいの
髪年齢にお悩みのあなたに

髪と健康を育む美容室ロージュから

健康な髪を作るために知っておきたい9のことをお伝えします(^ ^)

本日は、5回目「肌質から頭皮タイプがわかる」をお伝えします♪
髪の状態は確認できても、頭皮は自分の目で直接見ることができません。

ではどのようにケアをすればよいのでしようか。じつはヒントは肌にあります。

肌の状態から頭皮の状態がわかる

肌は、皮脂を分泌させてうるおいを保ちます。
これは髪も同じで、頭皮から分泌される皮脂が、髪を根元からコーティングしていくことで、乾燥を防いでいます。
髪そのものは自らうるおうことはできませんが、皮脂の力で保湿されているのです。

そう考えると、肌の状態と髪の状態は、皮脂分泌の影響という点で同じです。

また、オイリー肌の人の髪はべ夕つきやすく、乾燥肌の人の髪はパサつきやすい傾向にあるため、
自分の肌の皮脂分泌量をひとつの目安にして、頭皮のうるおい状態を把握することができます。

また、季節や体調による肌の変化は頭皮も一緒です。
汗をかきやすい夏は、髪もべ夕つきやすくなり、冬に肌が乾燥しているときは、
髪も同じように乾燥しているはずです。

ヘアケア製品で皮脂を補う

頭皮から分泌した皮脂が、髪全体をコーティングするまでにはある程度時間がかかります。
地肌の状態にもよりますが、肩くらいの長さの場合で半日~1日ほど必要です。
しかし、日本人は清潔志向が強く、毎日洗髪をする人が多いので、皮脂が分泌されてもすぐに洗い落としてしまい、保湿が追いつきません。

そこで役に立つのが、ヘアケア製品です。
リンスやコンディショナー、トリートメントには油分が多く含まれているので、
足りない皮脂を補ってくれる働きがあります。上手に利用しましよう。

次回は、「頭皮のSOSに気づいてあげよう」をお伝えします♪
お楽しみにッ♪